読みたいホームページとは?

お悩み解決系ホームページが基本

昔からネットの世界では、悩みを持った人の悩みを解決できるホームページが成功しやすく、役立てば役立つほど成功の確率は高まり、大きく伸びる可能性が出てくると言われます。そのため、自分が極めて高い知識を持つことに関するホームページを開設する際はまず、その分野の難しい知識を知らない層をターゲットにします。そして、何も知らない人がどんな疑問を持ちがちかを分析し、その疑問や悩みを開設するような内容のページたくさん作ると、アクセスしてくれたユーザが熱心に読んでくれる可能性が高まります。なお、ユーザが何かの疑問や悩みを解決する時、最後に「とは?」という語句を入れて検索する人が多いため、TITLEタグには重要なキーワードと共に「とは?」というワードを挿入しておくことも大事です。

教科書・参考書のようなホームページ

自身が極めて高い知識をもつ分野の情報を掲載したホームページを開設した際、その分野(業界)の新人や、その分野(業界)のことを勉強している学生の人が絶対書けないような深くて素晴らしい文章を書けることが大きなメリットになります。例えば、ファッション業界で長く働いてきてここ数十年のファッション業界の歴史や流れなどを誰よりも知っているという自負があるとします。その場合、コラム・評論文的なページを作り、長年の経験を活かして特定のブランド・デザイナーの歴史、過去に流行った文化の解説、流行予測などのスペシャリストしか書けない文章を書いて、どんどんそういったページを増やしていきます。そうするとユーザから敬意を持ってもらえて、よく読んでもらえる可能性が高まります。